読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て・老後*「1970年以降生まれのライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。ちょっと工夫して生きてみるのが、1970年以降生まれの僕らの人生。

目的と行動。ライフプランを立てる意味とは。

f:id:fp-office-kaientai:20170417073709j:plain

 フランスの経済学者、トマ・ピケティの言を借りつつ、家計(=お金を貯めること)の目的について考えています。

fp-office-kaientai.hatenablog.com

 なぜなのかというと、ここ数年、私たち1970年以降生まれの人たちの家計が意外と痛んでいると思うようになったからです。

続きを読む

トランプ政権の為替政策と1970年以降生まれのこれからの為替相場。

f:id:fp-office-kaientai:20170423074802p:plain

 確定拠出年金制度(日本版401k)をやっている人も、NISA(少額投資非課税制度)をやっている人も、外貨建ての個人年金保険や死亡保険に入っている人も、避けて通れないのが為替の動き。

 今、為替を巡る体制が大きく変わろうとしています。

続きを読む

やっぱり気になるロシア。資産運用で間違わないようにするための世界情勢の今。

f:id:fp-office-kaientai:20170421102913p:plain

 アメリカの一国覇権主義的な政策が終わりを迎え、世界は混沌としていく。

 このように言われるようになってからそれなりの年月が経過していますが、今ほど露骨に各国の個性がぶつかり合っているのを眺められる機会もそう多くありません。

続きを読む

ピケティのおかげで、日本の経済政策の方向性がはっきりした。

f:id:fp-office-kaientai:20170416195927j:plain

 前回は、フランスの経済学者、トマ・ピケティの著書『21世紀の資本』を参考に、格差社会を生き抜くためのライフプランの考え方をお伝えしました。

fp-office-kaientai.hatenablog.com

 その中で、経済成長率という言葉が出てきましたが、そもそも日本は、今後、経済成長していくのでしょうか。

 これは、経済が良くなるのか、悪くなるのかという景気についての問いではなく、国力そのものがどうなっていくのかという問いです。

続きを読む

トマ・ピケティ流、格差社会時代を生き残るためのライフプランの考え方

f:id:fp-office-kaientai:20170416103639j:plain

 1970年以降生まれの私たちは、なぜお金を貯めなければならないのか・・・。

 これについて考えるきっかけを与えてくれたのが、私たちと同じく1970年以降生まれのフランスの経済学者、トマ・ピケティThomas Piketty)の著書『21世紀の資本』でした。

続きを読む

ちょっとだけ確定拠出年金と日米株価、ロシアの話

f:id:fp-office-kaientai:20170415084139j:plain

 先日、某保険会社の方から確定拠出年金(日本版401k)について質問されました。

 なんでも、保険のお客さんから会社で確定拠出年金制度を利用するように言われ、どのように考えたらいいのかよくわからないということで、ラインナップされている投資信託についてどのようにアドバイスすればいいのか教えてほしいということでした。 

続きを読む

老後のお金、貯める? 増やす?

f:id:fp-office-kaientai:20170320112516j:plain

 1970年以降生まれの私たち、老後の年金ってどうなるんでしょうかね。

 よく話になるのが、自分たちの頃はもらえる年齢が70歳からになるんじゃないのかとか、70歳まで自分たちは働くようになるんだとか、ベーシックインカムにすればいいとか、国の政策にまで話が及ぶときがあります。

 これらの話題はすべて老後の不安が原因ですが、具体的には「老後の生活をどのようにすればいいのか」、「老後のお金をどのように準備すればいいのか」といったお金の問題に集約されます。

続きを読む

お金を貯めたい・増やしたい!「資産配分」から見る“時代の変化”

f:id:fp-office-kaientai:20170401125108j:plain

 いよいよ4月。

 新年度のスタートですが、年度が変わって、暮らしのこと、お金のこと、家族のこと、将来のこと、いろいろ考えてみようと思うんですけど、なかなかできませんっ。

 そんな方、意外と多いんじゃないでしょうか。

 昨年度のご相談では、「老後の生活やお金のこと」についての話題やお悩みが多かったですが、今回は、その中で気づいたことをお伝えしていこうと思います。

続きを読む

事業主にとっての育休支援制度「両立支援等助成金」その④「中小企業両立支援助成金:育休復帰支援プランコース」とは

f:id:fp-office-kaientai:20170108123333j:plain

 今回で、国の行っている「両立支援等助成金」についてのシリーズは最後になります。

①出生時両立支援助成金

②中小企業両立支援助成金:代替要員確保コース

③中小企業両立支援助成金:期間雇用者継続就業支援コース

④中小企業両立支援助成金:育休復帰支援プランコース

 いずれも「ワーク・ライフ・バランス」に向けた国の助成金制度です。

 それでは、④「中小企業両立支援助成金:育休復帰支援プランコース」について見ていきましょう。

続きを読む

日経平均株価指数で見る「長期投資」のコツ

f:id:fp-office-kaientai:20170322150451j:plain

 2017年3月22日(水)の日経平均株価指数。

終値19041.38円 前日比-414.50円

 日経平均株価指数の場合、その日の取引時間帯で400円超の値動きがあると、「今日は動いたな」という感じになります。

 なので、ニュースなどでは“大幅安”なんて言葉が躍るようになります。

 でも、長期的なチャートで見ると、これぐらいの値動きはほとんど動いたことにならないんです。

 長い目で見れば、相場はもっとダイナミックに変動しています。

続きを読む