読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て・老後*「1970年以降生まれのライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。ちょっと工夫して生きてみるのが、1970年以降生まれの僕らの人生。

1970年以降生まれの僕らにとって、2020年ってどんな年?

f:id:fp-office-kaientai:20170511075323j:plain

 東京オリンピックパラリンピックのある2020年。

 団塊ジュニア世代の筆頭である1970年生まれの人たちがちょうど50歳を迎える年。

 2020年以降のそれからは、世の中のことを1970年以降生まれの人たちが中心になり真剣に考えていく時代が訪れる、そんな予感がします。

続きを読む

トレンド転換前の予習。そろそろポートフォリオの組み替えを。

f:id:fp-office-kaientai:20170518100028p:plain

 昨日のNYダウ工業株平均株価指数は大幅下落。

 原因は、大統領選挙を巡るロシアの干渉疑惑、いわゆる“ロシアゲート”の問題で、アメリカの政治が混乱していることから、景気刺激策が遅れるという懸念が株式市場で広がったこと。

 確定拠出年金やNISA(少額投資)と言えども、長期投資を試みる際は、大局に影響を及ぼしそうな要因を把握しておく必要があります。

 要はポイントを押さえることが大切で、FPなりにここら辺が重要かなと感じたときに、資産運用についてのタイムリーな情報をアップしていきます。

続きを読む

ふるさと納税のすごいところと、見つけた「酒々井町の返礼品」

 

f:id:fp-office-kaientai:20170510064430p:plain

 なにかと話題の「ふるさと納税」

 おおよそ「お目当ての自治体に寄付をすると、お肉やお魚など地方の特産品がお返しとして送られてくる」というイメージをお持ちの方が多いと思います。

 最近では、ジュエリーや家電、商品券まで返礼の品として扱われていることに対し物言いが入っているようですが、まぁ、ここまで来ると行きすぎですよね。

続きを読む

「外貨建て個人年金保険」の攻略方法。

f:id:fp-office-kaientai:20170320134629p:plain

 老後のお金を貯める方法は、いろいろ。

 預貯金や貯蓄性の保険、国債、外貨預金、投資信託、株式、金、不動産投資など、挙げると切りがありません。

 最近では、NISA(少額投資非課税制度)や確定拠出年金(日本版401k)の広がりを受け、優遇税制を活用した資産運用も少しずつ定着してきているように思えます。

 ただ、問題なのは

 金融商品について、内容がよくわからない!

ことです。

 こんな方のために、企画モノですが、たま~に金融商品の攻略法をお伝えしていくことにします。

続きを読む

ファイナンシャル・プランナー(FP)事務所に問うことの本当の意味

f:id:fp-office-kaientai:20170415011433j:plain

 テレビや新聞、雑誌など、メディアを通じファイナンシャル・プランナー(FP)の存在が昔に比べかなり認知されてきました。

 でも、「ファイナンシャル・プランナー(FP)って何をする人なの?」、「どんなことが相談できるの?」と聞かれることが珍しくありません。

 そこで今回は、ファイナンシャル・プランナー(FP)やファイナンシャル・プランナー(FP)事務所の仕事内容、つまり、「ファイナンシャル・プランナー(FP)事務所に問うことの本当の意味」についてお伝えしていこうと思います。

続きを読む

目的と行動。ライフプランを立てる意味とは。

f:id:fp-office-kaientai:20170417073709j:plain

 フランスの経済学者、トマ・ピケティの言を借りつつ、家計(=お金を貯めること)の目的について考えています。

fp-office-kaientai.hatenablog.com

 なぜなのかというと、ここ数年、私たち1970年以降生まれの人たちの家計が意外と痛んでいると思うようになったからです。

続きを読む

トランプ政権の為替政策と1970年以降生まれのこれからの為替相場。

f:id:fp-office-kaientai:20170423074802p:plain

 確定拠出年金制度(日本版401k)をやっている人も、NISA(少額投資非課税制度)をやっている人も、外貨建ての個人年金保険や死亡保険に入っている人も、避けて通れないのが為替の動き。

 今、為替を巡る体制が大きく変わろうとしています。

続きを読む

やっぱり気になるロシア。資産運用で間違わないようにするための世界情勢の今。

f:id:fp-office-kaientai:20170421102913p:plain

 アメリカの一国覇権主義的な政策が終わりを迎え、世界は混沌としていく。

 このように言われるようになってからそれなりの年月が経過していますが、今ほど露骨に各国の個性がぶつかり合っているのを眺められる機会もそう多くありません。

続きを読む

ピケティのおかげで、日本の経済政策の方向性がはっきりした。

f:id:fp-office-kaientai:20170416195927j:plain

 前回は、フランスの経済学者、トマ・ピケティの著書『21世紀の資本』を参考に、格差社会を生き抜くためのライフプランの考え方をお伝えしました。

fp-office-kaientai.hatenablog.com

 その中で、経済成長率という言葉が出てきましたが、そもそも日本は、今後、経済成長していくのでしょうか。

 これは、経済が良くなるのか、悪くなるのかという景気についての問いではなく、国力そのものがどうなっていくのかという問いです。

続きを読む

トマ・ピケティ流、格差社会時代を生き残るためのライフプランの考え方

f:id:fp-office-kaientai:20170416103639j:plain

 1970年以降生まれの私たちは、なぜお金を貯めなければならないのか・・・。

 これについて考えるきっかけを与えてくれたのが、私たちと同じく1970年以降生まれのフランスの経済学者、トマ・ピケティThomas Piketty)の著書『21世紀の資本』でした。

続きを読む