FP OFFICE 海援隊|1970年以降生まれの「ライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。これまでとはちょっと違った未来の常識。

2019年、2020年、世界経済が減速するってどういうこと? IMFの世界経済見通しで情報をキャッチしておこう!

f:id:fp-office-kaientai:20190413151715j:plain

 今回は、先日発表された「IMF国際通貨基金)」による世界経済の見通しについてを掲載しておきます。

 つい最近、FP実務でこの情報を取り扱ったんですが、IMFによる世界各国のGDP国内総生産)成長率のデータは、資産運用を行ううえで大局観を養うためにとても役立ちます。

www.imf.org

 そして、このページの左バーに世界経済のイメージをつかむための動画があるので、ご参考までに覗いてみてください。

 

 さて、実体経済は2019年、2020年と減速傾向が想定されていますが、昨年から特にそのような指摘はされています。

 マーケットと付き合ううえでのポイントは、今の資産市場(マネー市場)が実体経済と乖離している点です。

 裏を返すと、資産市場が大きく変動しても、実体経済、特に国内経済の感応度が低くなっているため、影響が表れるのに時間がかかります。

 このようなことから、実体経済を軸にマーケットを見ず、むしろ、マーケットが動いた後の1年先、実体経済がどうなるかという視点で見ていく必要があります。

 この裏付けが今回のIMF世界経済の見通しです。

 大局観を養って、確定拠出年金やNISAなどでの投資信託の運用にお役立てください。

 

FP OFFICE 海援隊 Webサイト

fpofficekaientai.wixsite.com