読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て・老後*「1970年以降生まれのライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。ちょっと工夫して生きてみるのが、1970年以降生まれの僕らの人生。

2017年1月からは救急箱の薬を少し整理してみよう。ちょっぴり節税になるかも。

f:id:fp-office-kaientai:20161207212715j:plain

 家庭用のお薬。

 みなさん、救急箱の中にどんなお薬を入れていますか?

 2017年1月から「スイッチOTC薬控除」という新たな医療費税制が始まります。

  「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」というものです。

 

 国は高齢化社会における医療費の増加を抑制するために、健康の維持・増進や病気の予防を積極的に後押しする施策を行っています。

 そのひとつが、これから始まる

 スイッチOTC薬控除

 

 「スイッチOTC薬」とは、医療用から転用された医薬品のことです。

 スイッチOTC薬を買った場合、1年間で1万2,000円を超える部分の金額(8万8,000円が限度)を、その年の総所得金額等から控除することができます。

 たとえば、年間で3万円のスイッチOTC薬を買った場合、所得税率を10%とすると、

(3万円-1万2,000円)×10%=1,800円

が確定申告で戻ってくることになります。

 

 もう少し内容を見ていきましょう。

〔期間〕平成29年(2017年)1月1日から平成33年(2022年)12月31日まで

〔対象者〕健康の維持増進・疾病の予防への一定の取り組み※を行う個人

一定の取り組み:特定健康診査・予防接種・定期健康診断・健康診査・がん検診

〔対象費用〕一定のスイッチOTC薬の購入費

※自分・生計を一にする配偶者その他親族に限る。

※対象薬の一覧はこちらから。

〔控除額〕スイッチOTC薬購入費のうち1万2,000円を超えた金額

8万8,000円が限度

〔注意点〕

 これは現行の「医療費控除」の特例なので、この適用を受ける場合は医療費控除を利用することができない

 

 さて、この「スイッチOTC薬控除」、対象になるのは、健康診断などを普段から受けていて、カゼをひいた、鼻炎持ち、胃の調子が悪い、肩こり・腰痛、水虫など、さしたる病気にかかっていない人です。

 たとえば、かぜ薬、鼻炎薬、胃腸薬、肩こり・腰痛の貼付薬、水虫の薬などでスイッチOTC薬に該当するものなら、その購入費のうち、年間で1万2,000円を超える部分の金額(限度額:8万8,000円)をその年の所得から差し引き、所得税を計算しても良いとされます。

 納めた税金が少し戻ってくるので、ご家庭にとっては節税です。

 医療費控除は年間10万円を超える部分の金額なので、年間10万円以下の医療費のご家庭なら、救急箱のお薬を整理整頓するだけで、少し節税になるかもしれませんね。

fpofficekaientai.wixsite.com