FP OFFICE 海援隊|1970年以降生まれの「ライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。これまでとはちょっと違った未来の常識。

老後の貯蓄・資産運用

株価が暴落してるけど、それでも、ほったらかし投資なの?

昨晩、ニューヨーク市場でNYダウが▲617.37ドルと、今年2番目の下げ幅を記録しました。 終値は25,324.99ドル。 上下値幅の差、タイムラグはあるものの、シナリオの方向感は、基本、同じです。 2018年10月で、NYダウはピークを迎え、その後、下降局面に入って…

2019年、2020年、世界経済が減速するってどういうこと? IMFの世界経済見通しで情報をキャッチしておこう!

今回は、先日発表された「IMF(国際通貨基金)」による世界経済の見通しについてを掲載しておきます。 つい最近、FP実務でこの情報を取り扱ったんですが、IMFによる世界各国のGDP(国内総生産)成長率のデータは、資産運用を行ううえで大局観を養うためにと…

日経平均株価指数。気迷い相場はいつ終わるのか。

マーケットの動きが鈍い。 日経平均株価指数ですが、大局的には方向感は変わらず、材料待ちといったところでしょうか。

夫や親が亡くなっても、銀行からお金をおろすことができるようになる!「遺産分割前の払い戻し制度の創設」と「死亡保険」の考え方。

今の相続法では、たとえば、仮に夫が亡くなった場合、遺産分割協議が終わるまで預貯金の払い出しができないようになっています。 これ、そのときにならないと実感がわかないと思いますが、結構、大変なことです。 一般的には、自宅で多額の現金を保管せず、…

王道ですが、iDeCoの投資信託選びは、こんなふうにやってます。

ここしばらく、ずっとマーケットの動きが荒いですが、iDeCo(個人型確定拠出年金)で投資信託を選んでいる方は多くいると思います。 実際のFP相談でも、割かし、企業型・個人型を問わず、確定拠出年金制度を活用されている方と面談する機会が増えていますが…

iDeCo(個人型確定拠出年金)|iDeCoナビを使った、相場転換後の「FP流投資信託選び」

昨年、iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数が100万人を突破したと話題になりました。 一方で、企業型の確定拠出年金の加入者数は、昨年2月末時点で648万2,000人となっており、数年前と比べれば、かなり浸透してきているのではないでしょうか。 これらの数…

年頭のご挨拶に代えて。2019年の注目ポイントをマーケットの動きから考える!

新年、あけましておめでとうございます。 1970年以降生まれの「ライフ&マネー塾」。 今年も継続していきます。 よろしくお願い申し上げます。 もともと顧客向けの情報発信を目的にスタートしたブログですが、いつの間にか1日当たりの閲覧数が100を超えるよ…

NYダウ急落! 日経平均株価指数大幅安! 2019年の相場の展開は?

年末の忙しい中、マーケットが急激に動いています。 昨晩のNYダウですが、終値で前日比▲653.17ドルの21,792.20ドルをつけ、いよいよ下降局面が深まってきた感じがします。 ということで、取り急ぎ、今後のシナリオの確認をしておきたいと思います。

アメリカの中間選挙と日本経済。共和党が勝った場合、2年後を見越して、家計の変化を考えてみよう。

2018年11/6(火)、日本時間では11/6~11/7にかけて、アメリカで「中間選挙」が行われます。 今回の中間選挙は極めて重要で、トランプ大統領がアメリカの大統領に就任し、その結果に対してアメリカ国民がどのような審判を下すかが注目されています。

株式市場の動揺を演出する3つの大きな要因。

最近、日経平均株価指数の記事が重なっちゃってますが、これを見てるだけでは方向感がなかなか定まらないので、今回はナスダックとNYダウ、そして上海コンポジットを絡めてチャートを眺めていこうと思います。

資産運用するなら、お金じゃない他のことに目を配って。

10/2、日経平均株価指数が終値で24,270.62円をつけました。 これにより「1/23の終値24,124.15円をもってアベノミクス相場は終了した」というこれまでのシナリオを延長し、「上昇波動はもう少し継続するが、いずれにせよ、終了は近いため警戒すべし」とします…

日経平均株価指数。今後の動き、3つのパターン。

先週、NYダウが史上最高値を更新したことを受け、日経平均株価指数のシナリオを微修正しておきます。 上のチャートを「シナリオ1」としていますが、仮に、今年の1/23につけた終値24,124.15円を抜けた場合、このような動きを想定しています。

NYダウ、史上最高値更新。株価を押し上げる、行き場のないマネー。

ニューヨークダウ工業株平均株価指数が、再び史上最高値を更新しました。 これを受け、チャートのシナリオも若干修正しておきます。

老後の生活は、お勤めの会社の「退職金規定」と「企業型確定拠出年金規約」を読まなければ、本質的に描ききれない。

大企業だけでなく、中規模の会社でも採用数が増えつつある確定拠出年金制度。 中でも「ライフプラン年金」という名前で、社内の福利厚生制度として企業型確定拠出年金制度を設けている会社が目立つようになっています。

トランプ大統領のひと言がトルコ・ショックを生み、巡り巡って私たちの家計をロックする。

やっぱり今年は株価の波乱の年で、とにかく動きが荒いですね。 直近では、トランプ大統領が、トルコに対し鉄鋼とアルミにかかる関税を2倍にするとツイッターで発言したことからトルコ・リラが急落しています。

注目の日銀金融政策決定会合。金利の低迷と低成長経済を容認した背景とは。

7月30日・31日と開催されていた日銀の金融政策決定会合。 一応の結論は出たようです。 ここ最近、マーケットでは「金融緩和の出口戦略が打ち出されるんじゃないか」ということで、長期金利が上昇し、株価が下落する動きが目立っていました。

マイホームが不良債権化している現実。それが売れない空き家という問題。

住宅ローンを組んでマイホームを建てた。 幸せに家族と暮らし、たまに修繕を加えながら、最後まで大切に使った。 私たち夫婦が亡くなった後、そのマイホームには誰も住まなくなった・・・。

確定拠出年金制度は、本質的には、国民にとって喜ばしいものなのか。

国民年金基金連合会によると、iDeCo:個人型確定拠出年金制度の加入者数が2017年11月時点で、総数約71万2,000人になっていることがわかりました。 これを見るとiDeCoはすでに、会社員も、公務員も、その奥さんも、そして自営業者も、国民の多くが加入できる…

確定拠出年金を始めると、住宅ローン控除がなくなるって、ホント? 答え)ウソです

節税の意味。 税金を節約するのがいわゆる「節税」ですが、税制の仕組みを活用して税金の支払いを減らすことが目的になっているのはどうなんだろうなぁと思う今日この頃です。

日経平均株価指数、夏以降の警戒ポイントは?

確定拠出年金制度のもと、日経平均株価指数をベンチマークにした投資信託で運用されている方。 日本の株式市場が現在、どこに位置しているか確認しておきましょう。

日経平均株価指数。本格的な下降トレンド入りで、経済、ホントに大丈夫?

今日の日経平均株価指数、前日比▲974.13円の20,617.86円で終りを迎えました。。 2017年6月24日の終値20,868.03円をついに下回り、これを受けて、チャート理論としては、完全にアベノミクス相場が終了したというシグナルが現れました。

そろそろ「ドルコスト平均法で長期投資」信仰は終わりにしませんか。

森友学園をめぐる公文書改竄事件で安倍内閣の支持率が急落したことも重なり、昨日の日経平均株価指数は値を下げました。 前日比▲195.61円だったのでそれほど大きな下げではありませんが、どちらかというと円高に引っ張られての下落といったところでしょうか。…

確定拠出年金。DC世界経済インデックスファンドの運用報告書は、これだけ読めば理解できる!

お勤めの会社で採用されている確定拠出年金制度。 アベノミクスで株価が上昇してきた中、投資信託で運用している方も多いかもしれません。 今回は、2月の株価急落前に「DC世界経済インデックスファンド」に切り替えたというご相談について言及していきたいと…

万一の時の財産管理。「資産表」には「財産目録」の意味がある!

FP事務所では、必ず、ご相談時に「家計簿」と「資産表」を作成します。 家計簿を作る目的は、①「お金の流れを見ること」と、②「お金がいくら余るかを見ること」です。 企業会計でいうと「損益計算書:P / L」がこれに当たります。 一方、資産表(企業会計で…

どうして活用しないの? 国の行う「経営者・個人事業主・フリーランス向け退職金・年金制度」

FP事務所の主だった業務のひとつに「お金の流れを組み換え、貯まる仕組みを整える」というのがあります。 これを実現するために切っても切り離せないのが国の制度。 国の制度をしっかり活用すると、効率的にお金が貯まりやすくなります。

ドル・円相場。円高リスクにどう対応すべきか。

為替がいよいよ動き出しました。 株価の急落から約1週間、時間がずれましたが、予想通り変化の兆しが現れています。

NYダウ、再び急降下。今後のポイントは「金利・財政・為替」の3つ。

昨晩のニューヨーク株式市場は、再び大幅下落。 NYダウは、前日比1,032.89ドル安の23,860.46ドルで取引を終えました。

株価急落でわかったふたつのこと。IT化された資産運用とどう向き合うべきか。

仮想通貨、フィンテック、投資ロボ、そしてアルゴリズム。 人知を超えた資産運用の先に何があるのか。

どうやらアベノミクス相場は終わりを迎えたようです。今後の展開は?

どうやら、9年に及ぶアベノミクス相場が終焉を迎えたようです。 安倍政権における、ここまでの資産市場の歴史的な成果を純粋に評価します。 ということで、今回は今後の展開を考えていきたいと思います。

相場転換後の資産配分。資産防衛の方法とは。

FRB(米連邦準備理事会)の議長がイエレンさんからパウエルさんに交代します。 今年は難題、多めなんですよね。 パウエルさんがどのように物価を安定させ、金融市場をコントロールしていくのか、今、マーケットが注目しています。