FP OFFICE 海援隊|1970年以降生まれと語るお金の話

子育てしながら、お金を貯める。これまでとはちょっと違った未来の常識。

マイホーム・住宅ローン

親の相続が起こる前に。親の財産、どうやって分ければいいの?

今年も、もうそろそろお盆ですね。 故郷に里帰りする方もいらっしゃるかと思います。 1970年以降生まれの私たちにはまだ少し早いかもしれませんが、「親の財産ってどうやって分けるの?」というご質問をいただきましたので、今回は「法定相続人」のお話をし…

酒々井で暮らす。FPが考える空き家にさせない対策とマイホームの活用事例。

活力あふれる持続可能なコンパクトシティー、酒々井。 酒々井町は今、都市計画マスタープランにもとづき、未来に向けた町づくりを積極的に実現していこうと様々な施策に取り組んでいます。 平成27、28年度と、2年間に渡り、酒々井町商工会青年部の部長を務め…

資産運用が好きな自分が、不動産投資に興味がわかない理由。

今回のタイトル『資産運用が好きな自分が、不動産投資に興味がわかない理由』。 それは、まとまったお金がないからですっ! 答えが一行で終わっちゃいました。 これじゃあ、ブログとしては成り立たないので、もうちょっとその理由をちゃんと書いていきます。

空き家にしないために。野村総研のレポートから見る「マイホームの出口戦略」。

2025年問題。 戦後のベビーブームで産まれた団塊の世代の人たちがすべて後期高齢者(75歳以上)になっていくことで、医療や介護、年金などにかかる社会保障費が膨れ上がっていくと言われています。 これ以降、後期高齢者の総人口に占める割合は18.0%を超える…

子育て世帯、かなり使える5つの税制。

以前、マイホームの購入に際し、ライフプランの資金シミュレーションのご依頼があったご相談者様から、先日、子どもの教育資金について「ご主人のお父さんがお孫さんに学資保険をかける」というお話をうかがったので、学資保険の現状と「教育資金の贈与」に…

離婚前と離婚後、不動産の名義を変更する場合、どっちがいい?

日本の離婚率。 人口動態統計によると、離婚件数を婚姻件数で割った数値(離婚率)は、1990年代の終わりに3割を超え、今や離婚率3割が常態化しています。 離婚のご相談でよくあるのが、マイホームなど夫婦の共有財産をどのようにするのかということですが、…

住宅ローン借入れ。金利が低ければそれでいいの?

こんにちは。FP OFFICE 海援隊の重定です。 結婚して、子どもが産まれ、家族ができ、家を買う。 マイホームを購入する際は、一般的に住宅ローンを組むケースが多いですが、今回は「金利」についての考え方をお話していきます。

ライフスタイルが変わる!? 「3世代同居」と「空き家の相続」に関する新税制

こんにちは。FP OFFICE 海援隊の重定です。 毎年、毎年、税金に関する制度(税制)がコロッコロ変わりますが、2015年も12月に、2016年度4月からスタートする予定の「税制改正大綱」が発表されました。