FP OFFICE 海援隊|1970年以降生まれの「ライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。これまでとはちょっと違った未来の常識。

みんなのマネー相談

FP資格ってなに? CFP・AFPとFP技能士1級・2級・3級の違いとは。

【日本FP協会】テレビCM<心の声編>15秒 テレビを見てたら「NPO法人 日本FP協会」のCMが流れていました。 ファイナンシャル・プランナー(FP)に相談するというのが少しずつ定着してきているような気がしますが、先日、ご相談者さんから、こんな質問をいた…

FP事務所をしている私が、ご相談者さんの家計管理に使ってほしいと思った家計簿。

うちでは妻が、なんだかいつの間にか家計簿をつけていて、自分としては家のことは指示待ち社員のようになっています。 なんせ稼いだ収入は、毎月、年貢のように召し上げられ、わずかばかりのお小遣いをもらうだけ。 そのとき言われるのが、「今月はお疲れさ…

老後の生活は、お勤めの会社の「退職金規定」と「企業型確定拠出年金規約」を読まなければ、本質的に描ききれない。

大企業だけでなく、中規模の会社でも採用数が増えつつある確定拠出年金制度。 中でも「ライフプラン年金」という名前で、社内の福利厚生制度として企業型確定拠出年金制度を設けている会社が目立つようになっています。

マイホームが不良債権化している現実。それが売れない空き家という問題。

住宅ローンを組んでマイホームを建てた。 幸せに家族と暮らし、たまに修繕を加えながら、最後まで大切に使った。 私たち夫婦が亡くなった後、そのマイホームには誰も住まなくなった・・・。

確定拠出年金制度は、本質的には、国民にとって喜ばしいものなのか。

国民年金基金連合会によると、iDeCo:個人型確定拠出年金制度の加入者数が2017年11月時点で、総数約71万2,000人になっていることがわかりました。 これを見るとiDeCoはすでに、会社員も、公務員も、その奥さんも、そして自営業者も、国民の多くが加入できる…

確定拠出年金を始めると、住宅ローン控除がなくなるって、ホント? 答え)ウソです

節税の意味。 税金を節約するのがいわゆる「節税」ですが、税制の仕組みを活用して税金の支払いを減らすことが目的になっているのはどうなんだろうなぁと思う今日この頃です。

暮らしやお金のことを考える基本的なアプローチ。

複雑なことをシンプルに考えるのがあたかも素晴らしいかのような風潮がありますが、シンプルは単純という意味なので、そもそも複雑なものを単純に考えようとすると、答えは単純なものにしかなりません。 だから、複雑なことをシンプルに考えるというアプロー…

お金が絡むと、人は結構、本気になる。でも、お金が絡んでも、人は結構、本気になれない。離婚の前の結婚における金銭的な法定義。

離婚にかかる財産分与のご相談。 時折、離婚にまつわる金銭的なご相談をいただくことがありますが、個人的には割り切れない気持ちになったりします。

従業員を雇いたい! 労災加入アプローチ

パート・アルバイトで従業員を雇おうと考えています。 それにともない労災に加入させる必要があると聞きましたが、どうすればいいですか。

子育て世帯におけるライフプラン上の「課題」とは

ライフプラン上の課題は千差万別。 そして、課題を解決するアプローチも人それぞれです。 実務的には、人生設計を組み立てていくうえで、最終的に老後の生活に向けどのように資金的な準備をしていくかが主な課題になります。

年収400万円、子育て世帯。住宅ローンの返済額ってどうやって決めればいいの?

この前、こんな質問を受けました。 「住宅ローンって、年収の何%ぐらいがいいんですか?」

30歳以降の結婚。マイホームの購入は役職定年に気を付けて。

何歳まで働くのか。 1970年以降生まれの私たちにとって、特に40歳を過ぎた辺りから、この問いについて考える機会が増えると思います。

ご質問への回答)相続で見つかったタンス株、どう扱ったらいいですか?

これも時代なんだろうなぁ。 株券の電子化で、相続後に見つかったタンス株、どうしたらいいですか? マジかっ。

ご相談事例)40代ご夫婦、ふるさとへの住替え

今回の面談からご相談者様にアンケートを書いてもらおって頼んでみたら、逆になんか申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

2018年1月スタート!FP事務所が考える「つみたてNISA攻略法」

以前、ご相談の対応をさせていただいた方からLineでメッセージが・・・。

日経平均株価指数は、依然としてシナリオは変わらず。

日経平均株価指数、チャート分析、一応、更新しときま~す。 波形取りは変わらず。

お店を出したいって思うなら、頼むから、不動産の有効活用の意味を知ってからやろっ。

これ、不思議なんだよなぁ。 土地と建物の関係についての理解。

おおざっぱでも大丈夫! 未来のお金 “先取り家計簿”

家計簿を作ったよ。 その名も「おおざっぱでも大丈夫! 未来のお金 “先取り家計簿”」。

保険の戻り率と預金の金利、どっちがいいの?

学問の秋。 お金についてリテラシーを身に着けたいと思う方もいるかもしれませんが、今回は、実務的によくある「保険の戻り率と預金の金利」についてお話していきます。

いつまでに、いくら、お金を貯めるのか。人生100年時代、どんぶり勘定で老後のお金なんか貯まらない!

前回は、「何のためにお金を貯めるのか。お金の性質を見極める!」ということで、“お金は、目的に合わせ、3つに分けて貯めていきましょう”というお話をしました。 今回は「お金を貯める4つの原則」のうち、“いつまでに”、“いくら”お金を貯めるのかについてお…

お金を貯める「4つの原則」

最近、30代前半のご夫婦からのご相談が重なっていますが、共通することは「自分たちの老後の暮らしまで見通したうえで、今後の生活設計を考えてみたい」といった内容です。 人生のゴールから逆算して、これから何をどうすべきか。 老後が不透明だからこそ、…

年金がもらえなくなる? 誤解の原因は「特別支給の老齢厚生年金」

老後の生活について、ほぼ必ず話題になるのが年金制度。 正直、説明するのが大変です。 税金と並び、国民が知っていて当たり前の制度であるはずなのに、あまり周知されていないのか、複雑すぎて理解されていないのか、とにかく知らない人が多いという印象で…

シングルマザーのための所得税制「寡婦控除・特定の寡婦控除」

2017年8月17日の記事「所得控除ってなんですか? 所得税はライフステージによって違ってくる!?」で、所得控除は、ライフステージが変わったり、新たにライフイベントが発生したら、忘れずにちゃんと申告しましょうというお話をしました。 シングルマザーの…

年金分割の請求は、離婚後、原則、2年以内に!

先日、離婚をされた30代女性の方から、離婚後の暮らしとお金にまつわるご相談をいただきました。 内容は、①離婚後の保障設計(保険の見直し)、②子どもの教育・進学資金の準備、③老後の生活設計、④年金分割の4つです。

起業トラブルに遭わないために。起業したいなら酒々井町商工会に来てみて!

なんか起業のトラブルが増えてるみたいですね。 最近では、国が起業家を育成しようと支援への取り組みが行われ、それに便乗する形で悪徳商法や詐欺まがいの起業ビジネスが事件にまで発展したケースが問題になっているそうです。 な~んでそっちに行っちゃう…

酒々井で暮らす。FPが考える空き家にさせない対策とマイホームの活用事例。

活力あふれる持続可能なコンパクトシティー、酒々井。 酒々井町は今、都市計画マスタープランにもとづき、未来に向けた町づくりを積極的に実現していこうと様々な施策に取り組んでいます。 平成27、28年度と、2年間に渡り、酒々井町商工会青年部の部長を務め…

ファイナンシャル・プランナー(FP)事務所に問うことの本当の意味

テレビや新聞、雑誌など、メディアを通じファイナンシャル・プランナー(FP)の存在が昔に比べかなり認知されてきました。 でも、「ファイナンシャル・プランナー(FP)って何をする人なの?」、「どんなことが相談できるの?」と聞かれることが珍しくあ…

30代夫婦、家を買う。

30代ご夫婦、家を買う。 今のようなネット社会では、ネットで流れてくる情報に、つい惑わされがちです。 マイホームの購入に際しても、住宅ローンの都市伝説的な話=「住宅ローンを借りるときの年収の目安」を鵜呑みにし、背伸びをして住宅ローンを組み、家…