FP OFFICE 海援隊|1970年以降生まれの「ライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。これまでとはちょっと違った未来の常識。

アメリカ利上げ。金融政策の超重要ポイント。

日経平均株価指数が1990年の水準を超えちゃってる。 この年はバブルが崩壊する前の年。 当時は実体経済もバブルだったのに、今は資産市場だけがバブってて、実体経済が追いついてない。

教育資金と進学資金。似て非なる子どものお金。

教育資金については、日々の暮らしの中で準備していってください。 でも、進学資金についてはちゃんと貯めていきましょう。 実務では、お子さんにかかるお金について、こんなふうにアドバイスしてる。

子育て支援策って経済政策ってなってるけど、その行き着く先にはジレンマがある。

これはママさんたち、現実問題としてどう考えてんだろ。 今回は、今調整されてる「子育て支援」について。

ご質問への回答)相続で見つかったタンス株、どう扱ったらいいですか?

これも時代なんだろうなぁ。 株券の電子化で、相続後に見つかったタンス株、どうしたらいいですか? マジかっ。

働き方改革と所得税改革。子どもいない世帯が増税ってなに?

働き方が変わる。税制が変わる。 税制が変わる。働き方が変わる。 だんだんおっさん化してる自分にとっちゃ、時代の流れについていくというよりもひとまず傍観しておく。

ご相談事例)40代ご夫婦、ふるさとへの住替え

今回の面談からご相談者様にアンケートを書いてもらおって頼んでみたら、逆になんか申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

2018年1月スタート!FP事務所が考える「つみたてNISA攻略法」

以前、ご相談の対応をさせていただいた方からLineでメッセージが・・・。

日経平均株価指数は、依然としてシナリオは変わらず。

日経平均株価指数、チャート分析、一応、更新しときま~す。 波形取りは変わらず。

陰りゆくマイホーム神話。生まれ変わる住宅政策。

先の衆院選の結果を受けて第4次安倍内閣が発足。 安定政権のいいところは、国家戦略にもとづいたいろんな施策が実現される可能性が高まること。 つまり、生活面での見通しが立てやすくなるってことだ。

お店を出したいって思うなら、頼むから、不動産の有効活用の意味を知ってからやろっ。

これ、不思議なんだよなぁ。 土地と建物の関係についての理解。

保育士は誰でもできる仕事って、どういう意味?

なんかホリエモンがツイッターで「保育士は誰でもできる仕事」って言っちゃって炎上してるみたい。 言わんとしてることは、要は「保育の仕組みを変えた方がいいんじゃない?」ってことだと思うんだけどね。

おおざっぱでも大丈夫! 未来のお金 “先取り家計簿”

家計簿を作ったよ。 その名も「おおざっぱでも大丈夫! 未来のお金 “先取り家計簿”」。

起業10年目にして「7つのポリシー」を打ち立てる。

かつて坂本龍馬は「船中八策」により近代日本の方向性を示した。 FP OFFICE 海援隊の船出から10年。 存外苦しかった。でも、みんなの力でここまで来れた。 ここに7つのポリシーを掲げる。

カエル!ジャパン。働き方改革はy=ax+bの単純なモデルだった。

また働き方改革ね。 今回はちょっと視点を変えて経営者サイドの声をもとに考えてみる。

IT化で変わるものは大人の常識。

みずほ銀行が3.2万人分の業務量を削減するってニュース。 ITを活用した業務の効率化っていうのは、結局、こういうことなんだよね。

もうひとつの人生軸。副業・兼業・パラレルキャリアってなに?

さて、今回の衆院選、自民党の圧勝。 どんどん施策を推進してもらいたいところだけど、副業・兼業については広まりにくいか・・・。

株上がってるのに、景気良くなったって実感、わく? 

ちょっとブログのコンセプト変えようと思って、今回からタイトルを変更。 『1970年以降生まれの雑な話。ときどき本音』 ってことで、1970年以降生まれの人向けは変えずに、書くのめんどくさいから雑にいきます。 で、FPとしての本音を交え、なるべくゆる~く…

選挙を追うのはもうやめた。国際情勢の前提と日本の国家戦略が見えないと、ぶっちゃけ自分たちの暮らしはようわからん。

最近、選挙ネタ書くの多いけど、なんか、今の選挙って、ホントよくわかんない。 とりあえず、政党云々、公約云々の話はいったんストップして、自分なりの考えをまとめてみます。

千葉日報さんから今回の衆院選の件でインタビューを受けてきました。

千葉日報さんからの取材を受けてきました。 今回の衆院選についてどう思いますかとか、政治に何を求めますかといったインタビューです。 千葉県の各自治体から有権者の声を聞くという企画だそうで、酒々井町でFP事務所を構えている一事業者として、そして一…

お金が貯められる人はシミュレーションの意味を知っている。

毎月いくらお金を貯めれば、何年後にいくら貯まるのか。 現在、顧客対応の効率化を図るため各種計算シートを作成しています。 こういうシートを作成していると、貯めたお金で何をするかってやっぱり大切なんだなと改めて思います。

日経平均株価指数チャート分析。ついでにNYダウとドル・円も。マーケットでは自民党が勝つ前提の相場展開になってるようです。

今週はマーケットの展開が急ピッチで進んでいるためチャート分析を更新しておきます。 一応、予測通りの展開となっていますが、今回のチャート分析からエリオット波動理論での波形取りを公開しつつ、今後の動向を考えていきたいと思います。

選挙に行く? 1970年以降生まれの僕らにとって投票の意味ってなんだろう。

今回の衆院選って、投票率上がるのかなぁ、下がるのかなぁ。 10月22(日)が投票日の第48回衆議院議員選挙。 期日前投票がもうできますが、期日前投票所としてイオンモールなどの商業施設でも投票ができるようになったんですね。 投票に行ってもらおうという…

保険の戻り率と預金の金利、どっちがいいの?

学問の秋。 お金についてリテラシーを身に着けたいと思う方もいるかもしれませんが、今回は、実務的によくある「保険の戻り率と預金の金利」についてお話していきます。

自民党VS希望の党。「政策集」で違いを知る!

2019年の大河ドラマは「いだてん~東京オリムピック噺~」。 1909年(明治42年)のストックホルム大会から1930年(昭和5年)のベルリン大会を経て、1964年(昭和39年)の東京大会にいたるまでのオリンピックの歴史が3部構成で描かれていくようです。

今どきの「おとなのお小遣い」事情とは。

お小遣いといえば、子どものお小遣いを連想してしまいますが、今回は、新生銀行が行った「2017年 サラリーマンのお小遣い調査」をもとに「おとなのお小遣い」を覗いてみます。

マーケットが見る衆院選の行方

衆議院が解散し、10月22日の投票日に向けてすでに始まっている選挙報道。 様々な情報が入り乱れ、今のところ話題の中心は希望の党と民進党の行方みたいになってますが、もう少し実質的な政策の中身について国民に伝えてもらえるようにしてほしいなと思いなが…

どのようにお金を貯めるか。その本質は「物価」にある!

2017年9月19日の記事では、「いつまでに、いくら、お金を貯めるか」ということで、老後のお金を題材に考え方を紐解きました。 今回は、お金を貯める工夫、つまり、どのようにお金を貯めるのかについてお話していきたいと思います。

10月の衆院選。消費税増税の前に、この国の財政ってどうなの?

今の子どもたち、そしてこれから生まれてくる子どもたちの教育環境って、どうなるんでしょうね。 今月の28日に臨時国会を召集し、そこで衆議院を解散、10月に安倍政権の政策についての民意が問われる衆議院議員選挙。 争点のひとつになるだろうと言われてい…

FRB(米連邦準備理事会)、資産縮小の影響は?

アメリカが金利を上げる? じゃあ、日本はどうなるの? 今回は、アメリカの金融政策についての話題です。

日経平均株価指数。年内のポイントはアメリカの金融政策とチャイナマネーの行方?

ちょうど資産家の方のご相談対応をさせていただいているところですが、その中でお知らせしている自分なりの相場観を今回は少しお裾分けします。 このブログでたまにアップしている日経平均株価指数のチャート分析です。 初めてご覧になる方は、過去の記事を…