子育て・老後*「1970年以降生まれのライフ&マネー塾」

子育てしながら、お金を貯める。ちょっと工夫して生きてみるのが、1970年以降生まれの僕らの人生。

ドナルド・トランプ新大統領の経済政策の意味

f:id:fp-office-kaientai:20170104155953j:plain

 アメリカの歴史って意外と面白い。

 学生の頃、アメリカの小学生が使っている歴史の教科書を読んだことがありますが、ドナルド・トランプ新大統領後の世界経済がどうなるのかについて調べていたら、あの頃の感覚が蘇りました。

続きを読む

どうなる? 2017年の日米株価の動き。

f:id:fp-office-kaientai:20170101145451g:plain

 あけまして、おめでとうございます。

 2017年最初の「1970年以降生まれのライフ&マネー塾」は、日本とアメリカの株価がどうなるのかについてです。

 マーケットの動きを見て今後1年間の潮流を予測してみます。

続きを読む

2016年。アベノミクスを振り返る。

f:id:fp-office-kaientai:20161210021955g:plain

 2016年も、もう終わり。

 アベノミクスって、結構面白いなっていうのが2016年の個人的な感想です。

続きを読む

金曜日はいつもより早く仕事を終えて。「プレミアムフライデー」とは。

f:id:fp-office-kaientai:20161214111601j:plain

 「プレミアムフライデー」。

 ちょっと聞きなれない言葉ですが、どうも働き方改革のひとつのようです。

続きを読む

給料上げたら減税します!「所得拡大促進税制」活用のススメ。

f:id:fp-office-kaientai:20161209221656j:plain

 企業が従業員のお給料を上げたら、減税します!

 「所得拡大促進税制」

 あまり知られていない制度ですが、平成29年度の税制改正大綱ではさらに内容がよくなっています。

続きを読む

自分ならこうする!確定拠出年金での投資信託の選び方。

f:id:fp-office-kaientai:20161209180110j:plain

 2017年1月1日から「個人型確定拠出年金:通称iDeCo」がスタートします。

 このブログでも、6回に分けて確定拠出年金制度について解説してきました。

 その中でこのように結論づけました。

 確定拠出年金は、「投資信託」を選ぶのが、家計全体で考えると最も運用効率がいい。

 ということで今回は、「確定拠出年金投資信託を選ぶときは、自分だったらこうします」ということをお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

2017年1月からは救急箱の薬を少し整理してみよう。ちょっぴり節税になるかも。

f:id:fp-office-kaientai:20161207212715j:plain

 家庭用のお薬。

 みなさん、救急箱の中にどんなお薬を入れていますか?

 2017年1月から「スイッチOTC薬控除」という新たな医療費税制が始まります。

続きを読む

知ってた? 結婚・子育て支援策!

f:id:fp-office-kaientai:20161204151058p:plain

 ご存知でしょうか、この制度。

 「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」

 ちょっと言葉が難しいので簡単に説明すると、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんから“結婚”や“子育て”に使うためのお金をまとめてもらうと、税金がオマケされるという制度です。

続きを読む

確定拠出年金。ファイナンシャル・プランナー(FP)の思う「ホントのところ」(投資信託編)

f:id:fp-office-kaientai:20161203192646j:plain

 確定拠出年金の運用先について、すでに「定期預金編」「利率保証型積立保険編」を見てきました。

 今回は、いよいよ投資信託編」です。

 確定拠出年金制度は、自分の年金を自分で投資しながら増やしていくからこそ、税の優遇のありがたみを感じることができます。

続きを読む

確定拠出年金。ファイナンシャル・プランナー(FP)の思う「ホントのところ」(利率保証型積立保険編)

f:id:fp-office-kaientai:20161203192646j:plain

 確定拠出年金制度。

 この制度の仕組みを深く掘り下げていくと、「誰が一番喜ぶんだろうなぁ」って思ってしまいます。

 前回の『確定拠出年金。ファイナンシャル・プランナー(FP)の思う「ホントのところ」(定期預金編)』では、定期預金で運用した場合、“手間のかかる”+“上手な家計のやりくり術”と少し皮肉って結論付けました。

 今回は、「利率保証型積立保険」の場合はどうなのかなというお話をします。

続きを読む